カテゴリー別アーカイブ: 感情の浄化

急性腰痛のその後

急性腰痛(いわゆるぎっくり腰)の続き 前日のカラー貼付で、痛みは9割取れたものの、 デスクワーク(スタバのテーブルだが)後の起立時の痛みと、 全力疾走時の脚の脱力感がまだある。 なぜ、痛みが9割も取れているのに完全に治らないのか… 朝、鍼か灸をしようかと思ったが、それで治ったのでは面白くない。 夜になって、時間が出来たので散歩しながら考えてみた。 … … … 


▼続きを読む

カテゴリー: 心とからだ, 感情の浄化, 治療・施術 | 急性腰痛のその後 はコメントを受け付けていません。

第4回 免疫医学研究会(腫瘍マーカー)

  この日はなぜか中国人のお話から始まり… [caption id="attachment_1197" align="alignnone" width="300"] 免疫医学研究会第4回講義[/caption]   で、結局いつものようにホワイトボードがぐちゃぐちゃに(笑) [caption id="attachment_1198" a


▼続きを読む

カテゴリー: 健康, 医療と医学の情報, 感情の浄化, 未分類 | 第4回 免疫医学研究会(腫瘍マーカー) はコメントを受け付けていません。

これは勘弁して。

これは10年前に出版されたハンドブック。 右のちっちゃいのが日本で出版された本。 左のわりと豪華なのが、無断で出てたヤツ。 内容も多分同じ。 ハングルがわからないから まったく同じかどうかはわからない。 絵はまったく同じ。 私の名前も載っている。 見た感じ、初版だけでなく二版目も出ている様子。 ハング


▼続きを読む

カテゴリー: 個人的なこと, 感情の浄化 | タグ: | これは勘弁して。 はコメントを受け付けていません。

甘いものと不適切な医療

最近お茶を飲んでも食事をしていても、近くの席から会社での人間関係で心労となり、病院で「うつ」と診断されたという女子社員の話を上司(たぶん)が聞いているというシーンを度々経験する。   こんなふう(おそらく本人だって戸惑っているだろうから詳しくは書かない)になってしまっている人をフォローしなければならない上司の方もやつれ、どちらかといえばそちらの方が深刻そうに見える。 い


▼続きを読む

カテゴリー: あきれた医療, からだに悪い食べ物, 心とからだ, 感情の浄化 | タグ: | 甘いものと不適切な医療 はコメントを受け付けていません。

去年は…

明けましておめでとうございます。 新年ですが、去年のまとめを記します(笑) 脳は注意をしっかりと身体に引きつけておきたい これだけ歪みがあるのだから、痛みがあって当然だと、脳はそのように決め込んでいる そういうなんとなくもっともに聞こえる診断により、症状は固定化され、いまはとりあえず楽になっても、将来意識下からふたたび浮かび上がる。 同じ時期に同名の病気が増えるのは、 その病の情報に


▼続きを読む

カテゴリー: 心とからだ, 感情の浄化, 病気・疾患 | タグ: | 去年は… はコメントを受け付けていません。

中・高生に混じって…

ほっと一息。 今日と明日は中学生、高校生に混じってのセミナー。 治療院では長がつくポジションでもここでは同列、というより変なオジさんか(?) しかしこういうのは気分がいい(笑) 若者に負けず、頭は意外に柔らかいぞ。   セミナー後はバンド練習でスタジオへ直行。 ライブがあとひと月に迫り、ようやく曲も決まった。 明日も早いのでもう寝る。


▼続きを読む

カテゴリー: 感情の浄化, 日記 | 中・高生に混じって… はコメントを受け付けていません。

感じる脳

久しぶりにおすすめの本 「感じる脳 情動と感情の脳化学」 (アントニオ・R・ダマシオ) 外界の情報は腸(肚)によって感知されてから脳によって 「感情」として認知される。(ソマティック・マーカー仮説) 我々は肚にどういった感情(ネガティブかポジティブか)が あるかによって運の方向を決められています。 感情の浄化することの大切さを説明しているときにいつも お話していることと重なります。 脳科学が感情


▼続きを読む

カテゴリー: 感情の浄化 | 感じる脳 はコメントを受け付けていません。