ランキングにご協力お願いします。
ブログランキング

熱中症対策に塩の摂取と砂糖の制限を

塩に対する誤解
塩(=ミネラル)不足による脳や身体への影響
熱中症が減らないのは
怖いのは糖分>塩分
良い塩とは
についてです。

【塩に対する誤解】
塩が高血圧の原因という説は
戦後に作り出された、
間違った常識の代表的なものです。

天然の食べ物は絶妙な比率で
ミネラルのバランスを持っています。

日本を始め多くの国で、
塩が高血圧の犯人とされた理由

むかし、アメリカのダール博士という学者が、日本のいくつかの地域で塩の摂取量と高血圧の関係を調べ、結果を発表しました。

一日30グラム以上塩を摂取していた秋田県人の40%人が高血圧を発症していました。

それに比べ塩を取っていないイヌイットの人は血圧が低い。

だから、

「塩を取ると高血圧になる」

と安易に決め付けたのです。

イヌイットの人は、魚が主食なので魚から塩(海水)を取ってました。
食塩ではなく本物の塩を摂っていたです。

摂っていた塩の違いにさえ気づかない陳腐な研究でした。

その他にもこの調査がいい加減なデータであることが発覚し、研究者の間に批判が出ました。

秋田県以外には、塩を一日30グラム以上摂っている県でも血圧が高くないところがいくつもあったからです。

ダール博士は再調査し、塩と血圧が無関係だと認めましたが、

すでに「塩が高血圧の犯人」

という常識が世界中に広まった後でした。

さらに、アメリカの高血圧学者、メーネリーが行った実験は…

ダイコクネズミに一日の摂取量の約20倍にあたる20~30グラムの塩を与え、のどが渇いても1%の食塩を入れた食塩水しか与えず、半年にわたり血圧を測り続けました。(まるで拷問)

その結果、10匹中4匹のねずみが高血圧になりました。

そして、メーネリー博士は

「塩は高血圧の原因」

として発表しました。(こいつの頭って…?)

どうやったら一日摂取量の約20倍にもあたる食塩をネズミに摂取させることができたのか、誰もが疑問に思うでしょう。

そんな過酷な状況下で、半年も生き延びることが出来たことの方が不思議です。

拷問のような条件下で4匹のネズミしか血圧が上昇しないのなら、逆に塩と高血圧とは因果関係がないと証明しているのではないのか?

こういったいい加減な実験で、戦後、塩が悪者だと西洋医学に認定されてしまい、今ではどの医者も高血圧患者には減塩しろと言うようになりました。

人体には約85グラムの塩分があります。
半分は骨にあります。
東洋医学では
塩は陽の極、糖は陰の極と言います。
糖(甘味)ばかり摂っていると身体がだるくなる、冷える(=のぼせる)のです。

【塩分が体内で不足すると】
◎脳機能の低下
…記憶力、物忘れ、眠気、やる気無し、目覚め悪い、不注意、逃避

◎自律神経機能低下
…やる気が出ない、免疫力低下、抵抗力減退、うつ、皮膚機能低下(肌荒れ等)不眠、肥満(ダイエットが成功しない)

◎身体機能の低下
…体力の低下、反射神経の低下→怪我をしやすい

といった弊害があります。

塩を摂るべきとは言うものの、100グラム100円程度の塩(化学薬品)や熱処理で死んだ塩を摂ってもあまり効果はありません。

ミネラルたっぷりの生きた塩なら積極的に摂るべきです。
といっても適量を超えれば毒にもなります。
良いあんばい(塩梅)で。

【熱中症がなぜこんなに起きる?】
熱中症対策も水分補給ばかりすすめているため、発症はいっこうに減りません。
水分補給といわれると、清涼飲料水で補給する人が目立ちますが、熱中症は塩分不足だけでなく糖の過剰摂取による血流障害の影響もあります。
糖を減らし、塩と水分(水、お湯)を摂ることが本当の予防です。

【怖いのは糖分>塩分】
糖の過剰摂取は血糖上昇により、血管に負担をかけ、血流障害、血行不良を起こします。
私はこの表現が嫌いですが俗にいう「ドロドロ血液」です。

私の経験上、糖を摂りすぎている人にその自覚は無く、むしろ摂っていないと言います。
白米やパン、果物も急激な血糖上昇を招く糖質(炭水化物)なので、セーブが必要です。

マスコミはスポンサーの手前、真実を伝えません。
ポ●リスエッ●(500ml中に角砂糖換算で8個分の糖)や、な●ちゃん(500
ml角砂糖にして11個分)では熱中症対策になりません。
濁り水(清涼飲料水)で水分を補給しても熱中症が起きるのはそのためです。

果物、清涼飲料水などはどのくらい糖が含まれているかはこちら

時間をさかのぼって冷房の無い時代。
私の子供の頃は、デパートにもまだ冷房設備がありませんでした。
空調は窓でした(笑)

私の家の隣りは町工場でしたが、そこで働く人達は塩をなめながら作業をしていました。
今と比べると、とても過酷な環境でしたが、救急搬送される人はいませんでした。

【糖の摂り過ぎは貧血になる】
糖(脾)は塩(腎)を剋す。
専門的な話になりますが、
東洋医学で、
腎は骨をつかさどる機関、小腸とは裏表の関係です。
甘いモノは腎や小腸の機能(代謝・造血)をジャマします。
西洋医学で千島学説は小腸を造血器官としています。
貧血、低血圧は体質です、体質は食事を変えない限り根本は変えられません。
食物が身体の材料になるからです。

【良い塩とは】
皮膚を丈夫にします。
体温調節機能がちゃんと働くので寒さに強く、暑さに強くなります。

よく眠れ、睡眠中の身体の回復も良くなります。
脳を活性化するのでやる気が上がり、記憶力も低下しません。
健康に必要な塩を是非摂りましょう。

ただし、塩だけですべて身体の問題が解決出来る訳ではありません。
必要な栄養素であり、身体を作っている基礎ですから、足りないと病気が治りにくい、治療が効きにくいという現象が起きるのです。

当院でお勧めしているこのお塩は、夕張のお塩研究家である。
笹谷さんという方が、ミネラルほか身体によい成分に傷がついていないお塩を探したところどこにもありませんでした。

特に2004年から塩の輸入が解禁されたことにより、日本の塩はニセモノ、安物しか無くなっていたのです。

そこで、笹谷さんは沖縄のお塩職人に頼み込み、本当の塩を作ってもらい、この「天日海塩」販売を開始しました。

私がもっと早く笹谷さんと知り合っていたら、もう少し素敵な名前とパッケージになっていたと思います。

カテゴリー: からだに悪い食べ物, 良い食べ物と悪い食べ物   パーマリンク

コメントは受け付けていません。