ランキングにご協力お願いします。
ブログランキング

子供には食べさせないでほしいもの

マクドナルドのフライドポテトの原料は、
じゃがいもと調理油という基本的な原料の二つではなく、

17もの原料が含まれている。

アメリカの農場で収穫されたポテトは機械で皮を剥かれ、
スティック状にカットされる。

ポテトの色の変色を避けるために漂白される。

これにより
「自然の糖分が除去」される。

その後、色を統一させるためにグルコース(ブドウ糖)に浸される。

またポテトが灰色になることを防ぐ原料も含まれていて、
最後に余分な水分を飛ばすことで揚げ時間を45~60秒に短縮させている。

それからポテトは冷凍されて出荷される。

以下がマックフライポテトの原料

ジャガイモ、キャノーラオイル、水素添加大豆油、ベニバナ油、自然調味料(植物由来)、ブドウ糖、酸性ピロリン酸ナトリウム(色の保持)、クエン酸(保存料)、ポリジメチルシロキサン(消泡剤)

揚げ油(キャノーラオイル、コーン油、大豆油、水素添加大豆油、THBQ :tert-ブチルヒドロキノン、クエン酸、ポリジメチルシロキサン)

調味料(ケイアルミン酸ナトリウム、ブドウ糖、ヨウ化カリウム)

誰が見ても、人体に悪影響を及ぼすものであることがわかる。

遺伝子組み換えのもの(キャノーラオイル、コーン油、大豆油)や水素添加されたもの(大豆油)、化学的保存料や消泡剤(THBQ、クエン酸、ポリジメチルシロキサン)、そして人工着色料(酸性ピロリン酸ナトリウム)など。

多くの人はジャガイモと揚げ油と塩だけで出来ていると思っているが、

ようするに人間が食べちゃダメなものだ。

これでもまだ、自分の子供に平気で食べさせるのだろうか。

子供がこんな毒を食べさせられているのを見ると辛くなるので、
マクドナルドの前を通るときは絶対に中を見ないようにしている。

カテゴリー: からだに悪い食べ物   パーマリンク

コメントは受け付けていません。