ランキングにご協力お願いします。
ブログランキング

頭のてっぺんの薄毛を治した話 その2

前々回のブログの薄毛のテーマで、書き忘れたことがあったのでこちらに

頭のてっぺんの薄毛が気になって来たという話だが、
実はそうなる気配はすでに十年以上前からあった。

ここ十数年、5月くらいの暖かい陽気になると、
外を歩いたり、気温の高い部屋にいるだけでも、
頭のてっぺんにかく汗が半端ではなかった。

女性ホルモンのインバランスによる
ホットフラッシュと同様か、
それ以上にドワッと、まるで滝の様とはこのこと。

男性にも老化やホルモンの不均衡は起きるので、
いずれ体質が変わるだろうと余裕だったが、
何年経ってもちっとも変らない。

頭のてっぺんがいつも沸騰しているように暑く、
じんわり汗をかき、腹を触ると逆に異様に冷たいのである。

非常に不快だ。

我々は「上実下虚」と表現する。

頭寒足熱の正反対だから、よい状態では決して無い。

頭にお灸をしたり、鍼を刺すのも自分には案外おっくうで、
2〜3ヶ月に一度やるかやらないかでは効果も持続しない。

患者さんには週に一回は通えと言っているのに自分がこれでは…

そうこうしているうちに頭のてっぺんが薄くなったことに
気がついた。

周りの友人達も薄くなっていたし、そういう連中から比べたら
まだまだフサフサであるから、髪が薄くなるのはまだいい。

それよりも、頭に流れる滝はどうにかしたかった。

そこで、食べ物を変える(つまり、身体を作る材料を変える)ことに
したのだ。

頭部にも刺激は行なったが、やはりいちばんの効果は食べ物だろう。

食事を変えて2〜3週間で腹の冷えが取れた。

これを患者さんにもやってもらったのだが、1週間でお腹の冷えが取れた方もいた。

不妊症で冷えを取るにはやはりこれだ。

腹が冷えていたのでは赤ちゃんは住み着かない。

さて、お陰で5月になっても滝のような汗が出ない。

今は7月の半ばであるがすっかり体質は変わったようだ。

暑い夏が来たが、頭は清々しい。

去年までは上半身が異様に暑く、
シャツも替えを持ち歩いたほどだが、今年は前身で暑さを感じている。

熱の分配が非常によく出来るようになった。

薄毛の原因は上実下虚で、さらにその原因を作ったのは食べ物だと身を以て証明した。

育毛剤などいっさいいらない。

現在の私の髪を見たい方はこちらからどうぞ

なんだか、補足の文章の方が長くなってしまった。

カテゴリー: 個人的なこと, 健康と美容, 日記, 良い食べ物と悪い食べ物, 雑 感   パーマリンク

コメントは受け付けていません。