ランキングにご協力お願いします。
ブログランキング

本を書き直す?

10年くらい前に書いた本の改訂(どちらかと言えば修正)の話があり、

いま自分の書いた文を嫌々再読しています。
これが結構つらいのであります。

 

自分で書いたのに、

「そんなのわかってるよ。」

 

「今さら何言ってんだ?」

 

と突っ込んだり、

 

「こいつ知らないのか!」

 

と、

 

さすがに10年も経っていると、

私の脳もバージョンアップが何度かされているのです。

 

どうしてこんなことが起きたのかと言うと、

一般の方が読む本であるために、

当時の常識、つまり現代医学とかけ離れないように擦り合わせをして書いたためです。(私にしては大人の対応をした)

 

現代医学はいまだ発展途上の学問。

 

答えはしょっちゅう変わる。

 

検査手法だけがとても進歩しましたが、

いくら病気が見つかっても、治療方法は開発されていないのです。

 

それに対して、東洋医学は何百年も前に、

 

まあ、言ってみれば完結しちゃっている学問です。

 

私の書棚にある医学書もいま読んだら気絶しそうなのがあります。

 

東洋医学の古典をはじめて読んだときも気絶しそうになりましたが、

 

いま読むと、ああ、なるほどな…、というように変化しています。

 

自然の法則(リズム)がそのまま書かれているので、

当然です。

 

その東洋医学をちょっと横に置いて、

苦渋の決断をし、わざわざ現代医学に合わせたというのに、

書き換えという顛末です。

 

まあ、しかたがないです。

 

カテゴリー: からだに悪い話, 健康, 雑 感   パーマリンク

コメントは受け付けていません。