ランキングにご協力お願いします。
ブログランキング

原宿の喫茶室での一コマ

仕事中にコーヒーショップで油を売っている
おじさん2人が
「あっちが痛いこっちが痛い談義」
で盛り上がっている。

私の隣にいるおじさんは自分でいろいろ調べたところ、
膵臓が怪しいと感じているようだ。

痛む背中の場所や、座骨神経痛の既往歴から察するに
マトは外していない。

なかなかやるではないか、おじさん。

向かいのおじさんの主訴は右腕の痛みであるが、
顔のたるみから察するに噛み合わせの異常と内臓下垂。
イスの座り方に特徴があるため、右帯脈の緊張があるはずだ。

たった今笑ったので歯が見えた。
オープンバイト、噛み合わせの異常は間違いない。

耳が薄いのでもともと腎( =骨 )が弱く、
体のねじれ方を観ると、肝臓も怪しい。

腕の痛みは書類も持てない時があるという。
噛み合わせとおそらく筋の自然老化だ。

隣のおじさんの座り方も特徴がある。

椅子に浅く、下部胸椎か上部胸椎あたりで
背中をカーブさせて腹が前に滑ったような状態で座っている。
これは胃腸や膵臓の悪い人がとる姿勢であることが多い。

あまりに毎日痛いので心配になり、医者に行ったが、
背中の痛みの原因はわからなかったそうだが、
おじさんの自己診断でおそらく合っている。

噛み合わせの方のおじさんは最近スマホに変えたそうだが、
なかなか使いこなせないとボヤいている。

もう一人は、今日は早く帰って娘に録ってもらった
「踊る大捜査線」を見るのだとか…

このおじさんたちに怪しい秘密はなさそうだ。

なかなか素敵なおじさん達である。

お二人の体の症状には鍼灸治療が適しています。(笑)

残念ながら当院では
男性は治療出来ませんが…

お大事に

カテゴリー: 健康, 病気・疾患   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。