ランキングにご協力お願いします。
ブログランキング

青年鍼灸師

聞いた話だが、近頃の若い鍼灸師は治療の話よりも、金儲けの話が盛んらしい。金儲けは悪いことではないが、治療家が集まったのなら、治療の話で盛り上がって欲しいものだ。
だいたい、職業に鍼灸やマッサージを選んでしまうこと自体、計算能力が無いということになるのだから、金儲けが出来るわけが無いのだ。
当院のスタッフには「誇り」を持って治療に当たってもらいたいと思っている。
患者さんの「楽になりました」という言葉で腹がいっぱいにならないといけないと言っている。
「誇り」を持たない人間は「利」に走ると誰かが言っていた。
当院のスタッフたちは、薄給でも耐えられる遺伝子を持っているか、金運の無い私に気を使ってくれているのだろう。心優しいスタッフ達である。(T_T)
治療に対する知識にもどん欲である。院長としてはとてもうれしい。
そこいら辺の治療院の院長クラスより上だぞ。
「武士は喰わねど高楊枝」
幼い頃、お腹が空いたとグズグズ言う私を黙らせた母の一言である。
そのころの私のヒーローといえば、風邪のフジ丸、隠密剣士、矢車剣の助、丹下佐膳、白馬童子、伊賀の影丸の面々ですから。そりゃあもうグズグズ言えません。
近所の職人さんから「飯の遅いヤローは仕事ができねえ。」と教わり、その言い方がかっこ良くて以後それを実践してしまっている私。今思えば、昼休みのチンチロリン(博打)をやる時間が惜しかっただけなんでしょうがねえ。
私はお腹が減ってから食事を摂るようにしているので、タイミングが悪いと食べられないことがある。
でもまあ、プチ断食だと思えば気分もいい。食い過ぎるよりも食べない方が体にいい。
ことわっておくが、食事を食べ忘れるのはボケているのではない。研究に熱中しているのだ。
肥えた豚になるよりは飢えたオオカミでいたい。(by 伊達邦彦 < by 大藪春彦) 男の埃…じゃなかった男の「誇り」、治療家の誇りをいつも心に携えて生きていたいものである。   …でも貧乏はいやじゃ…       スタッフの声が聞こえてきそうである。 今日はいったい何を言いたかったのか…。 青年鍼灸師は治療に大志を抱け! 食べ過ぎは体に悪い! なんだこりゃ。

カテゴリー: 鍼 灸 マッサージ, 雑 感   パーマリンク

コメントは受け付けていません。