ランキングにご協力お願いします。
ブログランキング

奇門遁甲占

午前11時30分に連絡が入った。
父が転んで手を傷め、肩が動かないということだ。
息子を向かわせ、自分はすぐに起局してみた。
丙辰日 甲午時 
tonkou
日干は丙が金宮。
ここは私の状態、ビックリして当然。
震宮は父、傷を負っている、間違いない。
病気ケガをあらわす天?星は坤宮、右手か…?
死門に庚は縁起が悪い。
一歩間違えば死んでたか…?
父の入っている震宮は木で病気の天?(土)を
ちゃんと剋している。
私や医の天心星も金で土(?)から力を奪って
いるようだ。
とまあ、推命は苦手だがこんな感じの判断をした。
数時間後、病院に連れて行ってくれた息子から
連絡が入り、ケガは右肩の脱臼。(アタリ!)
(75歳ながら)筋肉質なため、徒手では整復出来ず、
錘りをつけて戻したらしい。
我が家で一番の力持ちは間違いなく父だ。
医が金宮で父が木宮だから、荒療治だったことが伺える。
開門があるため手術かと思ったが、日頃から整形外科の
オペを小馬鹿にしている私が同質の宮にいるのだ、
そうはさせない。
本来は処置の時間で起局しなければいけないのだろう。
まあ、私がやる断占判断なんてこの程度のものだ。
専門の人に見られたら恥ずかしいが、右腕の傷が
バッチリ当たったのは嬉しいじゃないですか。
(不幸を嬉しがってどうするんだ!)
父は母の墓参りに行くと病気をしたりケガをすることが多い。
何かあるのだろうか。
それにしても、
父の不運を占っているヤツもひどい親不孝ものだ…。
ところで、専門家のみな様はツッコミなど入れないように。
うまくボケられませんので…。

カテゴリー: 雑 感, 風水と奇門遁甲   パーマリンク

コメントは受け付けていません。