ランキングにご協力お願いします。
ブログランキング

難病になる人 治る人

血液検査のデータが送られて来た。

最近、「このままでは…」
と釘を刺していた方で、もう少し真剣に通えないようであれば、
”治療お断り”宣告も考えていた方の検査結果だ。

タイミングよく今日が治療予約の日。

以前のグレーから、かなり黒に近くなったデータを見ながら、
わかりやすく説明した。

説明を済ませ、施灸を他の先生にお願いし、
となりの治療室に移動。

ダンボで会話を聞いていたその患者さんが、
案の定、「私は大丈夫かと、ちょっと心配になった」
と言うので、

「あなたは既に病院に見放されてるんだから(笑)、
こっちに任せときゃいいの。」と私。

他の医療機関で見放されてから6年以上経つ。

いまやどこが悪いのか(笑)
とても元気な奥様だ。

たぶん新しいスタッフは、彼女のことは元気なおばさんという認識だろう。
それでよい。

本人が本気で病気を遠ざける努力をした、そのおかげである。
私がしたことは、現代医学の洗脳を外したことと、お灸と呼吸の指導。

現代医学に治す方法がなくとも、人間には治る力が備わっていることを忘れてはいけない。

それをじゃまするのが…

いつも言っている、あれ。

ネガティブな情動、否定的な感情である。

これは「自虐」にしかならない。

最近、癌だの筋腫だの、身の回りでにぎやかである。
治らない人、悪くなる人には必ず理由がある。

治る人、死なずに済んだ人もちゃんと理由がある。

みなさまもお気をつけ下され。

カテゴリー: 心とからだ, 病気・疾患   パーマリンク

コメントは受け付けていません。