ランキングにご協力お願いします。
ブログランキング

血圧が高めの方?なんじゃそれ!?

たまにテレビを見るとやっている、
トクホのコマーシャルがうっとうしい。

血圧の高めの方?
で、いくつとは言わない。

ネットショップのトクホドリンクや機能食品も同じ。
「高めの方」としか書かれていない。

私が今まで診た方の中で、最高は260mmHg〜

近所の味噌屋のおやじさん。

どうしようか迷ったが、こんな機会はないだろうと
思って治療した。

治療後、血圧を測ると180mmHgに下がっていた。
(30年も前の話なので、最低血圧までは記憶にない)

まだ高いがそれ以上はやめおいた。

本人はとてもすっきりした、と帰って行った。

ということで今回は血圧の話。

以下はベストセラー「医者とおかんの社会毒研究」

の著者、内海氏の記事から転載。

1980年に日本で実施された国民栄養調査
降圧剤なしの人は、下が90~99までの人で自立者の割合が最も高かった。また上が180未満なら降圧剤の服用者のどの値の人よりも自立者の割合が高かった。

1992年~1998年まで実施された比較試験
70歳以上の高齢者で血圧が160~179ならば、降圧剤を使用しないほうが脳卒中や心筋梗塞にかかる率に差はなく、癌になった人は少なかった。

1992年~1997年に欧米で実施された比較試験「HOT研究」
130/85未満でよかったのは、心筋梗塞にかかる人が減ったことだけで、下の血圧を80近くまで下げると、90未満を目標にして下げるよりも死亡率が高 くなった。この130/85の通りに下げようとすると、要治療者が増え、日本で年間一兆円の医療費が余分に必要になり、しかも数万人が余計に死亡する危険 性があると推測できる。

日本で実施された比較試験「JATOS試験」
収縮期血圧160以上で、平均172/89程度の高齢者4418人を降圧薬を用いて140未満にする群と、140~160に緩やかに下げる群で比較。その結果、脳梗塞の発生や心筋梗塞の発生には差がなく、総死亡数は前者が後者より3割近く多かった。

これらの数字は医学研究により示されたものだが、この医学研究だけをあてはめてみても、年間2500万人以上の降圧薬服用患者がいるわけだから、年間7万 人は医学によって無駄に殺されているという計算になる。つまり医学など存在しなかった方が約7万人死亡者数は少ないだろうと推測されるということだ。

カテゴリー: 健康, 医療と医学の情報, 未分類, 治療・施術, 病気・疾患   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。